京都 82

金戒光明寺 鹿威し

茶室 入口が狭い

 

当寺は、京都守護職会津藩主松平容保公の本陣旧跡です。

尊王攘夷運動の嵐が吹き荒れる中、容保公は京都市中警護の命を受けました。

阿弥陀堂

慶長10(1605)年豊臣秀頼により再建。

納骨堂

納骨堂は旧経蔵で、元禄2年(1689)称悦法師が寄進建立しました。

山門 楼上正面に後小松上皇宸筆の「浄土真宗最初門」の勅額が掲げられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です