カリブ海クルーズ15:キュラソー アル―バ 地図 航路

船の旅も3日目です。

毎日穏やかで順調です。

帆船なら、順風満帆というところでしょう。

だんだん南に進んでいくので、コロンバスなどの大航海時代には、このままずっと熱くなり続けると思い込んだ船員達が反乱を起こしたりしました。

この豪華客船は、時速40㎞で進んでいますが、5世紀前は風任せで、もっと速度が遅かったので、不安に駆られたでしょう。

豪華客船が行き交います。
遠方にキューバも見えます。
地図の左上にフロリダ半島が見えます。

キーウエストはフロリダ半島の先端の更に先の先の方にある都市です。

島から島へと橋を渡って行く国道で行きます。

アーネスト・ヘミングウェイが愛した島です。

今回は寄りません。

この付近の国の言語と人口を書いてみましょう。

キューバ共和国:スペイン語:1千万人

ジャマイカ:英語:3百万人

ケイマン諸島(イギリスの海外領土):英語:5万人

ハイチ共和国:ハイチ語、フランス語:1千万人

ドミニカ共和国:スペイン語:1千万人

プエルトリコ自治連邦区:スペイン語、英語:4百万人

さて、今回寄港するアル―バ(地図ではアルバと書いてありますが、地元ではアル―バと呼んでいます。)とキュラソーはベネズエラのすぐ北にあります。100キロメートルほどの距離でしょうか。

 

船内のテレビで航路を示しています。

②がキュラソー、③がアル―バ、④がマイアミです。

上の映像の拡大地図です。

乗船客はほぼ全員がアメリカ人なので、英語しか表示されません。

船内では、朝から晩までコンサート、イベントが開催されています。

ビーチボーイズ、ブレンダ・リー、ディオン、ボビー・ライデル、ライチャス・ブラザース、ジャンとディーン、ジェイとアメリカンズ、ブライアンハイランド、ヴォーグス、コントゥアーズなどが出演しています。

電動車いすも完備され、酸素吸入の必要な人も乗船しています。
何事もなく航海を続けて、今日も無事に暮れていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です