品川青物横丁2

品川青物横丁2

JR品川駅から八ツ山橋を渡って来ると、街歩きマップがあります。

京浜急行成田空港行きです。羽田から電車で行けます。

京急北品川駅から旧東海道の北品川商店街に入ると、間もなく左側に問答河岸由来期の碑が立っています。江戸幕府第三代将軍徳川家光が「海に近くてもトウ海寺とは如何に」と問うと、たくあん和尚は即座に「大軍を率いてもショウ軍というが如し」とこたえたといいます。この辺りから、江戸四宿の一つ、品川宿です。

。江戸幕府第三代将軍徳川家光が「海に近くてもトウ海寺とは如何に」と問うと、たくあん和尚は即座に「大軍を率いてもショウ軍というが如し」とこたえたといいます。この辺りから、江戸四宿の一つ、品川宿です。

久米宏は幼少時代、品川区北品川で育ちました。彼の早口は、北品川の土地の早口で鍛えられたと、本人が語っています。

中世以来、漁業と開運で栄えた湊町品川は、江戸開府間もない1601(慶長6)年、宿駅・天馬制度の制定によって東海道の初宿となり、以降西国への陸回路の玄関口として地位を確立しました。

 

屋形船だけでなく、釣り船もあるようで、現在はLTアジ、メバル・カサゴ、イシモチ、LTタチウオが目当てです。LTとは、ライトタックルの略で、道具が軽いので、手持ちで誘いをかけるのが楽で、攻撃的な釣りができます。道糸が細いため水中抵抗が少なく、またオモリも軽くでき、感度が高いです。 小さいアタリや餌取りのアタリも感じ取る事ができます。